The Oceanian Voyage

                モンゴロイドのオセアニアへの拡散

 モンゴロイドのオセアニアへの拡散は大きく2つに分けられる。

オセアニアの島の画像

第一波は5~6万年前、まだ最後の氷河期が続いており海水面は現在より100m

程低かった。そのため東南アジア島嶼部一帯は陸続きでスンダランドを形成し

、さらにその東南の多島海を渡れば、ニューギニアとオーストラリア一帯のサ

フルランドへと続く。彼等は筏のようなものでこの多島海を渡ったと考えられ

ている。

オセアニアの地図

 氷期が終わるにつれ約9000年前には海面上昇によってオーストラリアとニュ

ーギニア島は分離された。彼等の末裔がオーストラリア先住民であるアボリジ

ニである。

 第二波は約3500年前、それまでの旧石器文化の集団とはまったく異なった集

団が東南アジア島嶼部からメラネシアへと拡散している。彼等は土器を作り、

植物を栽培し、家畜を飼育していた。

さらに彼等はセールを使ったカヌーで遠洋航海を可能にしていたと考えられている。(ラピュタ複合文化)

 そして今から1000~700年程前にはリモートオセアニアと言われるポリネシアのハワイ、イースター島、ニュージーラ

ンドにまで拡散を成し遂げている。